主な防水工事の手法
主な防水工事の手法
ハケやローラーを使って塗料状のウレタンゴムを塗布し、防水層を作ります。下地になじみやすく水密性の高い皮膜ができるため、屋上などの防水に適しています。  繊維強化プラスチックを使った防水工法です。しなやかで耐水性がある、防水層が軽い、様々な形状に施工できる、仕上げ色が豊富など、様々な特徴があります。 軽量で安価に施工できるのが一番のメリットです。建物を選ばず施工できるという点でも見逃せません。伸びがあるため建物の動きに対しての耐久性は高いですが、シートが薄いため衝撃にはあまり強くありません。
主な防水工事の手法
審美性・耐衝撃性・耐摩耗性に優れています。施工期間が短くすむため、改修工事などに適しています。熱風でシート同士を溶融結合するため、長期間にわたり優れた耐久性を発揮します。  改質アスファルトはシート状になっているため、アスファルトを釜などで溶かす作業がなく、煙や臭いなどがほとんど発生しないため、環境面に優れています。また、通常のアスファルト防水に比べ施工の手間もかからないので、工期の短縮・コスト削減が可能です。さらに、耐久性および遮熱性に富んだトップコートもあります。