弊社は〈 防水改修・外壁改修・塗装改修 〉どんな工事内容も対応が可能なため、調査をさせていただき最も適した工事内容をご提案いたします。

お客様のご要望・ご予算に応じた工事、

これを第一に考えます。

ウレタン塗膜防水

ハケやローラーを使って塗料状のウレタンゴムを塗布し、防水層を作ります。下地になじみやすく水密性の高い被膜ができるため、屋上などの防水に適しています。

塩化ビニルシート防水

審美性・耐衝撃性・耐摩擦性に優れています。施工期間が短く済むため、改修工事などに適しています。熱風でシート同士を溶融結合するため、長期間にわたり優れた耐久性を発揮します。

ゴムシート防水

軽量で安価に施工できるのが一番のメリットです。建物を選ばず施工できるという点も見逃せません。伸びがあるため建物の動きに対しての耐久性は高いですが、シートが薄いため衝撃にはあまり強くありません。


改質アスファルト

改質アスファルトはシート状になっており、煙や臭いなどがほとんど発生しないため環境面に優れています。また通常のアスファルト防水に比べ施工の手間もかからないので、工期の短縮・コスト削減が可能です。さらに耐久性および遮熱性に富んだトップコートもあります。

アスファルト防水

溶融アスファルトとシート状アスファルトを積層し厚みのある防水被膜を作りあげるので、耐用年数が長く、耐久・水密・耐荷重性に優れています。アスファルト防水は実績が高いことからも信頼性の高い工法として知られています。

シーリング

伸縮や揺れを吸収できるゴム状の材料を詰め、ひび割れやきがくるのを防ぎます。外壁に必要な目地の役割を確保しつつ、防水性、気密性をもたせます。


自動式エポキシ樹脂低圧注入工法

器具の自動的な加圧でひび割れ内に注入でき、かつ安定した注入ができるため、施工管理上の手落ちを減らせます。また高圧注入で心配される更なるひび割れの拡大・発生、浮き・はがれを助長するなどの心配がありません。

アンカーピンニング部分注入工法

既存の外壁仕上を撤去することなく、外壁仕上げの剥落(落下)を防ぐことができ、建物の見た目もほとんど変えることなく工事ができます。また撤去費や新たな材料費がほとんどかからず、工事費を安く抑えることができます。